壊れやすいカウンター since2004.01.01
ページ表示回数:
昨日: 本日:
気になったテレビゲームやネットワークゲームの情報、
時事ネタに茶々を入れてますヽ(´ー`)丿
ムシクンが地味にゲーム作り:Wagtail -鶺鴒-
お知らせ
誘導:モンスターハンターポータブル攻略関係
誘導:スーパーロボット大戦J 攻略関係
ARIA The NATURAL ~遠い記憶のミラージュ~ 攻略 暫定3(真ルート・改)
ARIA The NATURAL ~遠い記憶のミラージュ~ 攻略 暫定4(通常ルート・改)
必要なのか分からないけど設置:掲示板1 掲示板2(AA可)


« アトリエシリーズのウチワ | トップページ | 週間検索ランキング@ムシクンの余談(2004/06/07付) »

2004.06.06

【レビュー】イリスのアトリエ エターナルマナ

イリスのアトリエ エターナルマナ
発売日 2004/05/27


・紹介・感想・評価(総評)など

アトリエシリーズの1つ。
従来の調合システムとは違い、マナを使った調合とショップ調合の2つに分かれる。
マナは街やダンジョンにある石やタルなどを元素還元をして得ることが出来る。
マナを使った調合で出来るものは回復や戦闘中に効果のあるものだけで、主人公のクレインしか使えない。
ショップ調合で出来るものはアイテムとして誰でも使えるものや装備品。
ショップ調合で使う材料はダンジョンなどに落ちている素材で、調合するときにその素材を変えると出来るアイテムが変わったり評価が変わったりする。

今回のアトリエは調合よりRPGの要素が強い
今までの調合は依頼をこなしてお金を稼ぐためにするものだったけど、今回のは戦闘で使ったりイベントを進めるためにする。
逆に言えば調合をあまりしなくてもクリアーできてしまいます。

グラフィックは結構いいほう。
音楽の出来もかなりいい
ドルビーデジタル・ドルビーサラウンド・ドルビープロロジックIIに対応しているので、5.1chのスピーカーなどを持っている人はよりいい音質で聞けます。

ストーリーの先が読めてしまう。
RPGとして致命的かもしれない『ありがちなストーリー』でひねりも何もない。
ストーリー自体はいい内容なのでダメというわけではないけど。

戦闘はかなりテンポがいいです。
通常攻撃が範囲攻撃なのもあるので雑魚はすぐに倒せる。
ただし、エンカウント率は高め。
ストーリーを進めていくと敵に会いにくくなるアクションが使えるけど、これを使って戦闘になると強い敵ばっかりだったりする。

1回のプレイで遊びつくすことが出来る
裏を返せば2回目をする必要がないわけで(´ー`;)

アイテム集めが熱い!
アイテム図鑑を埋めることにより、おまけのイラストやサウンドやムービーが増えるのでアイテムの集め甲斐がある。
コンプリートするにはゲーム中のヒントだけではほぼ無理なので、攻略本や攻略サイトを見つけて頑張って集めてください。

難易度は普通。
なぜかこのゲームは12才以上対象になっていますが、別に11才未満がしてはいけないと言う理由は見当たらないし、その年齢でも問題なくクリアーできます。
基本的にレベル上げは必要ないですが、レベルが高いほど楽になるというRPGでは理想の形になっています。


本文中にも書いていますが、1回遊んだらそれ以降遊ばない可能性があるので、それを考慮して

70点

と言うところでしょうか。
安ければ絶対に買い!安ければ・・
個人的には前作のヴィオラートのアトリエ、アトリエシリーズならエリーのアトリエがお勧めなのでアトリエシリーズをしたことがない人はこれらを買ってみてはいかがでしょうかヽ(´ー`)丿

2004 06 06 [ゲーム, ゲームプレイ感想] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11396/723959

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】イリスのアトリエ エターナルマナ:

コメント

アトリエシリーズは第一作であるマリーからクリアしてきました。

おっしゃる通り今までのシリーズは『調合の為のRPG要素』だったのが
イリスのアトリエでは『RPGの為の調合システム』と
全く別のゲームとなってしまっているので
私個人としては今作はアトリエシリーズの外伝的なモノに
した方が良かったんじゃないかと思います。

不満があるとすれば装備の特殊効果(+合成)が
さっぱり、という所でしょうか
『星と月のソナタ』とか、何がどうなるのか訳わからんし。
『速度』のレベルを上げてたらいきなり『攻撃力』とくっついて
『ダブルアタック』になるし…しかも攻撃力と速度の効果はなくなってる。
効果がなくなってる事に気付かずにセーブしたので気付いた時には半泣きしました。

投稿者: (2004/06/13 15:21:02)

コメントを書く